橋本勘五郎とは?熊本の観光スポット『通潤橋』を建造したすごい人




181889

全国的にも有名な通潤橋を建造した人物をご存じですか?

橋本 勘五郎

嘉八の三男として文政5年(1822年)、肥後藩種山村(現・熊本県八代市)に生まれる。種山石工の祖、藤原林七は祖父にあたる。石工としての技術を学んだ丈八は、兄弟の卯助、宇市とともに若いころからアーチ型石橋を架け続ける。弘化4年(1847年)、丈八26歳のとき卯助を助け霊台橋(現・下益城郡美里町)を6か月で完成させ、その5年後、今度は宇市のもとで通潤橋(現・上益城郡山都町)を建造した。通潤橋の架橋後、肥後藩より苗字帯刀を許され、橋本勘五郎と名を改められた。
明治4年(1871年)、明治政府に招かれ宮内省土木寮勤めとなり、万世橋を明治6年(1873年)に、翌年に浅草橋と蓬莱橋、そしてさらに翌年に江戸橋と京橋を架けた。皇居の二重橋(正門石橋)も架けたと言われるが、明治20年完成とされており勘五郎の作かは定かでない。当時の宮大工、武石惣十も関わっていたという説もある。明治6年5月に大手門内の石橋を修理したと言われるが、具体的にどの橋か判らない。明治7年元日には歌会始に出席し、同年秋に帰郷した。
熊本に戻ってからは熊本市の明八橋、明十橋、菊池市の竜門橋を残した。明治30年(1897年)、種山村にて76歳で死去。八代市東陽町北の石匠館の近くに生家が残っている。
http://www.weblio.jp/引用

代表作
熊本 通潤橋 霊台橋

 明八橋 万世橋 浅草橋 江戸橋 明八橋

10月30日には熊本、八代でロケが行われFNS系列、九州7局にて「絆を通した種山石工、橋本勘五郎〜明日に架ける橋~」というドラマが放送されました。私は見逃したので再放送を期待しています。(笑)

通潤橋の放水も早く見れるようになりたいですね!












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)