『“夏の甲子園”熊本大会2017結果一覧』秀岳館が優勝!




夏の甲子園 熊本予選 2017

『第99回全国高等学校野球選手権熊本大会』は、昨日決勝戦が行われ秀岳館の勝利で幕を閉じました。そこで今大会を振り返ってみようと思います。

大会概要

☆大会期間
2017年7月9日~7月24日

☆会場
・藤崎台県営野球場
・県営八代野球場
・山鹿市民球場

☆キャッチフレーズ
『じぶん史上、最高の夏』

☆選手宣誓:八代東

☆シード校
・秀岳館
・熊本工
・文徳
・九州学院
・八代
・球磨工
・東海大星翔
・専大玉名
 
 
大会初日の7月9日(日)は、雨天の為開会式のみがおこなわれ、7月10日(月)より1回戦がおこなわれました。

☆トーナメント表


出典:http://kab-koshien.jp/tournament/

 
 

1回戦試合結果

芦北 3-14 千原台 (7回コールド)
熊本商 13-0 御船 (7回コールド)
真和 0-14 熊本農 (5回コールド)
東海大星翔 11-1 南稜 (6回コールド)
熊本国府 7-0 玉名 (7回コールド)
ルーテル学院 9-0 鹿本商工 (7回コールド)
高森 0-8 牛深 (7回コールド)
城北 5-4 開新 (延長11回)
人吉 2-5 熊本工
学園大付 7-0 上天草 (7回コールド)
天草 1-4 菊池
済々黌 12-1 甲佐 (5回コールド)
有明 10-0 菊池農 (5回コールド)
鹿本農 15-4 八代農 (7回コールド)
宇土 3–10 八代 (7回コールド)
専大玉名 4–3 熊本西
多良木 9–0 大津 (7回コールド)
小国 1–10 東稜 (7回コールド)
八代東 5–3 松橋
第一 10–3 矢部 (7回コールド)
八代清流 1–6 文徳
鎮西 11–0 鹿本 (5回コールド)
高専八代 1–11 玉名工 (5回コールド)
天草倉岳 0–15 湧心館 (5回コールド)
小川工 7–8 球磨工
八代工 5–9 天草工
水俣 4–0 阿蘇中央
九州学院 14–0 熊本 (5回コールド)
必由館 1–2 熊本北
翔陽 6–7 熊本第二 (延長10回)
高専熊本 7–3 天草拓心

八代勢でいうと、八代農業、八代清流、高専八代、八代工業が残念ながら1回戦敗退となりました。

八代工業は5回までは2-0と勝っていたので大丈夫だろうと思っていたら、6回に逆転され惜しくも負けてしまいました。スポーツというものは何かちょっとしたことで流れがガラっと変わりますね。
 
 

スポンサードリンク




 
 

2回戦試合結果

秀岳館 4–2 千原台
城北 1–3 熊本工
学園大付 1–2 菊池(延長10回)
済々黌 8–1 有明 (7回コールド)
熊本商 2–6 熊本農
東海大星翔 7–8 熊本国府(延長10回)
ルーテル 7–0 牛深 (7回コールド)
第一 2–10 文徳(7回コールド)
鎮西 8–5 玉名
湧心館 0–14 球磨工(5回コールド)
鹿本農 1–12 八代(5回コールド)
専大玉名 1–2 多良木(延長11回)
東稜 3–5 八代東
熊本北 2–3 天草工
高専熊本 0–6 第二
九州学院 6–4 水俣

2回戦からシード校の秀岳館が登場。千原台のエース住野選手の好投に苦しめられながらも秀岳館が初戦を勝利しました。
 
 

3回戦試合結果

秀岳館 8–0 熊本農(8回コールド)
熊本国府 6–4 ルーテル
熊本工 3–4 菊池
済々黌 1–5 八代
多良木 7–6 八代東
文徳 9–4 鎮西
天草工 0–5 球磨工
九州学院 7–3 第二

3回戦の一番の驚きは、やはり第2シードの熊本工が敗退したことですね。勝利した菊池は、今大会前におこなわれた「NHK旗高等学校野球大会」でも準優勝という結果を残し、勢いそのままに熊本工に勝利しました。
 
 

準々決勝試合結果

秀岳館 9–4 熊本国府
菊池 1–8 八代(7回コールド)
多良木 0–5 文徳
球磨工 0–7 九州学院(7回コールド)

ベスト8に八代2校・人吉球磨2校の計4校が進出と今大会は県南勢の活躍が目立ちましたね。

準決勝試合結果

秀岳館 7–0 八代(8回コールド)
文徳 8–10 九州学院

注目の八代対決は秀岳館が勝利しました。八代はとても盛り上がりましたね♪また、九州学院は8回裏に一気に5得点と逆転で文徳に勝利しました。
 
 

決勝戦試合結果

秀岳館 3–1 九州学院
秀 010 000 002
九 100 000 000

決勝戦は2年連続で同じ組み合わせとなりました。決勝戦にふさわしい好ゲームを秀岳館が勝利しました。
 
 

第99回全国高等学校野球選手権熊本大会 結果

優勝:秀岳館
準優勝:九州学院
ベスト4:八代・文徳

秀岳館が2年連続3回目の甲子園出場を決めました。秀岳館の鍛治舎巧監督は準々決勝に勝利したあと、疲労性の「突発性不整脈」で入院し、準決勝・決勝は監督不在の中、甲子園への切符を掴みました。
 
 

第99回全国高等学校野球選手権大会

秀岳館が熊本県代表として挑む『第99回全国高等学校野球選手権大会』は8月7日から開幕します!

☆日程
8月4日:抽選会
8月7日:開会式・開幕

甲子園での活躍を期待しています!頑張れ秀岳館!