【遥拝神社(豊葦原神社)】八代!美しい桜が咲き誇り、側には球磨川も流れる絶景神社!

遥拝神社の桜




遥拝(ようはい)神社【熊本県八代市】

熊本県八代市豊原(ぶいわら)上町にある「遥拝神社(ようはいじんじゃ)」に行ってきました。遥拝神社は、創建758年と歴史ある神社で、「遥拝さん」と呼ばれ、地元の方に親しまれています。また、正式名称は「豊葦原神社(とよあしはらじんじゃ)」です。

遥拝神社

遥拝神社に到着すると、まず「第一の鳥居」があります。

遥拝神社

横には広々とした駐車場もありますよ!

遥拝神社

鳥居をくぐり、参道を歩くと、

遥拝神社

階段の先に「第二の鳥居」が見えます。階段を上り、第二の鳥居の先に「拝殿・本殿」があります。

遥拝神社 遥拝神社 遥拝神社

遥拝神社はお花見におすすめ!春は桜、球磨川の景色も最高!

遥拝神社の桜
遥拝神社の桜

遥拝神社は小高いところにはあるのできれいな球磨川を眺めることもできます。また、春にはきれいな桜が咲き誇り、八代の花見スポットの一つでもあります。

遥拝神社 hspace= 遥拝神社

少し木があり、写真ではあまりきれいには撮れませんでしたが、実際に見ると素晴らしい景色です!!

白ナマズがお祀りしてある【後利益】

なまず信仰
ナマズは日本全域に分布しており、古くから日本人に馴染みの深い魚です。
ナマズといえば「地下の大ナマズが暴れて大地震が起こる」というように地震と関連付けられた伝承が有名ですが、九州においては古くからナマズを神の使いとして信仰する「なまず信仰」が存在します。

神武天皇の孫神にあたられる健磐龍命は阿蘇にカルデラ湖があった時代、外輪山を蹴破って水を抜き田畑を造られたという伝説があります。その際、湖の主である大ナマズが水をせき止めたため、健磐龍命によって退治されました。(阿蘇伝説)
現在大ナマズの霊は、当社を含め県内各地で祀られております。

また、北部九州には白ナマズと美肌、皮膚病治癒に関する伝説が残っています。
海神の娘・豊玉姫は傷ついた大ナマズを不憫に思い温泉をかけてあげました。すると、大ナマズは見違えるように美しい肌の白ナマズになり、喜んだ白ナマズは豊玉姫の使いになりました。 その後、皮膚病がはやった際にそのナマズが人々を治癒したとのことです。(佐賀県嬉野の豊玉姫神社)
 
当社でも白ナマズをお祀りしており、皮膚病の治癒にご利益があります。

遥拝神社HP引用

遙拝神社は御朱印も人気ですよ!是非行かれてみては!

遙拝(ようはい)神社情報

駐車場:あり
電話:0965-39-9123
住所:熊本県八代市豊原上町3011
※八代駅から車で約8分
(アクセス[地図]はこちら)
遥拝神社HP

※2017年現在の情報です。













遥拝神社の桜