【食処さかもと鮎やな】八代・坂本で絶品鮎料理!メニュー&営業時間




道の駅坂本に鮎やながオープン!鮎料理が楽しめる!

食処さかもと鮎(あゆ)やな

2017年7月に広域交流センターさかもと館(道の駅さかもと館)敷地内にオープンした「食処さかもと鮎(あゆ)やな」に行ってきました。オープン以降大人気でお盆の時期は特にお客さんが多かったそうです。

来年に正式な「食処 さかもと鮎やな」の建物が完成予定なので、今年は仮設の建物で営業されています。仮設と言っても店内は清潔感がありとてもきれいです。(2017年現在)

※2018年からは道の駅さかもと館(球磨川側)に併設された店舗にて営業。

営業期間・営業時間

2019年

営業期間:2019年は6月29日(土)~11月4日(月)

営業時間
月~木:11:00~15:00
金土日祝:11:00~16:00,17:00~20:00

※オーダーストップは営業終了30分前です。
※夜営業(17:00~20:00)は10名以上~。3日前までにご予約ください。

店内の様子

鮎の塩焼き

店の前で鮎を焼かれていて良い香りがします。もう見るだけで美味しそう♪

食処さかもと鮎(あゆ)やな

店内からはきれいな球磨川を見渡せます。

食処さかもと鮎やな メニュー・料金

メニュー

定食メニュー(税込)

  • 鮎やな定食”梅” 1500円
  • 鮎やな定食”竹” 2000円
  • 鮎やな定食”松” 2500円
  • 鮎づくし 3000円
鮎料理

・鮎の唐揚げ
・鮎の田楽
・鮎の甘露煮

定食”竹”は定食”梅”に↑の鮎料理から1つ追加
定食”松”は定食”梅”に↑の鮎料理から2つ追加
鮎づくしは定食”梅”に↑の鮎料理から3つ追加

単品で注文するよりもお得です♪

単品メニュー

  • 鮎の塩焼き
  • 鮎の田楽
  • 鮎の唐揚げ
  • 鮎の甘露煮
  • 鮎の天ぷら盛合せ
  • 鮎の背ごし
  • 鮎の刺身

全品600円(税込)
※2017年のメニューですので変更の可能性あり。

おすすめ!鮎やな定食

鮎やな定食
鮎やな定食”梅” 1500円

鮎の塩焼き・鮎めし・鮎の味噌汁と鮎づくしです!他にも煮しめ・酢の物・漬物・デザートも付いています。

鮎の塩焼きはそのままかぶりついても良いし、お好みに合わせてたて酢につけて食べられて下さい。私は鮎めしを初めて食べたのですが最高でしたよ♪

鮎の唐揚げ

鮎の唐揚げ
鮎の唐揚げ:600円

カリッとした食感も良く、塩焼きとはまた違った鮎を楽しめます。

鮎の背ごし

鮎の背ごし
鮎の背ごし:600円

鮎の背ごしとは、簡単にいうと、鮎を骨ごと輪切りにしたものです。酢味噌をつけて頂きました!おつまみにも最適です!!

鮎のやな場も設置

鮎のやな場

私が行った時はまだ設置されていませんでしたが、今後、鮎を捕らえるための仕掛けであるこの簗場(やなば)が設置され、訪れた方をより楽しませてくれそうです♪見るだけでも楽しそうですね!

デザートは道の駅坂本で「さかもと晩白柚アイス」

道の駅坂本

道の駅坂本にあるレストランでしか食べられない絶品アイスクリームがあると聞いて食べてきました。「味噌」と「晩白柚アイス」の組み合わせって聞いたのであまり期待せずに行ってきました(笑)。

そのアイスがこちら
さかもと晩白柚アイス
さかもと晩白柚アイス:300円(税込)

食べてみると、

めちゃくちゃ美味しかったです!

味噌とアイスが合うはずが無いと思っていた私の考えが恥ずかしい。何でも晩白柚アイスに合うようにこの味噌が作られたそうです。甘すぎず、さっぱり食べられますよ♪

最後に

坂本町は過疎高齢化が進み、地域活性化の為に様々な取り組みをされています。『食処 さかもと鮎(あゆ)やな』もその一つです。まだまだ改善点は多くあるとおもいますが、坂本町が自然豊かな”八代の観光地”としてもっともっと盛り上がっていけるよう「八代連絡帳」でも最大限協力していこうと思います。

「食処さかもと鮎やな」営業時間&期間等情報

営業期間:2019年は6月29日(土)~11月4日(月)
営業時間
月~木:11:00~15:00
金土日祝:11:00~16:00,17:00~20:00
※オーダーストップは営業終了30分前です。
※夜営業(17:00~20:00)は10名以上~。3日前までにご予約ください。
駐車場:有
電話:0965-45-3800
住所:住所:熊本県八代市坂本町荒瀬
※新八代駅から車で約24分(アクセス[地図]はこちら)
公式サイト

2017年現在の情報となります。













ABOUTこの記事をかいた人

けんた

「八代連絡帳」を2016年6月にスタート。八代連絡帳を始めて、八代の様々なスポットを巡る内に改めて八代の良さ、魅力を感じています。もっともっと多くの方に知ってもらって実際に八代に訪れて欲しいと思う今日この頃です。